新しいビジネスを成功させるための起業資金の調達方法

まずは挑戦!ベンチャー企業

補助金の扱いと種類

補助金はいくつか種類があります。
まずは経済産業省が扱っている「創業補助金」「ものづくり補助金」です。
それぞれ簡単に説明すると、「創業補助金」は「創業」イコール「起業」にかかわる資金の一部を助成してくれます。
100万~200万と金額の幅が決まっています。
「ものづくり補助金」はものを作り出す際にかかる開発費や設備投資の資金を援助してくれます。
対象の経費が決まっておりその2/3以内で3,000万までとなっています。

次に自治体が扱っているものがあります。
自治体によって積極的に行っているところとそうではないところがあり、その内容も様々です。今までの例では融資の利子の補給や店舗の家賃補助、ホームページ作成費用補助金などが実施されています。

補助金を申請する際のポイント

補助金は件数や予算が決まっているため、申請すれば必ず受け取れる訳ではありません。
しかし、公的な補助金はトラブルなどがなく、安心して受け取れるものですので、申請は必ずしてみるべきです。

経済産業省が扱っている「創業補助金」と「ものづくり補助金」は年の1度公募期間が決まっているので、期間中に申請する必要があります。
自治体の補助金は、申請期間が定まっていないものが多いです。

自治体の補助金は若者の移住や雇用を生み出し、その地域の活性化を目的としています。
そのため、受け取れる可能性が高く地方都市の方が、内容が充実している傾向にあります。
地方では、固定費が安く起業しやすい利点もありますので、移住を含め地方でビジネスが可能な場合は、第一に検討してみると良いでしょう。