新しいビジネスを成功させるための起業資金の調達方法

新し起業資金の調達方法!クラウドファンティング

クラウドファンティングとは?

クラウドファンティングはインターネットを通じて不特定多数の出資者が資金提供を行います。
資金提供側は少ない金額から出資できるので、気軽に行う人が増えています。
出資の見返りに事業報告を受けたり、サービスや商品を受け取ったり、現金配当を得ることができます。
簡単に流れを説明すると、起業したい人が自分のアイデアや技術、事業計画などをまとめたプレゼン資料を作成し、クラウドファンティングのサイトにその情報が載ります。そこから出資者が「自分が出資をしたい」と思う、起業家を探します。
そのため、出資者に選ばれることが重要です。
出資者は一般人がほとんどですので、どんなに素晴らしいアイデアや技術があっても、説明方法がわかりにくいと賛同が得にくい可能性があります。
魅力的なプレゼンをすることが、クラウドファンティングでの資金調達を成功させるカギです。

クラウドファンティングの注意点

クラウドファンティングはVCなど他では認められなかった自分のアイデアや技術でも出資者に認められ、資金集めができる可能性があります。
「成功する自信がある!」「どうしても起業したい!」という強い意志がある方に向いています。
出資者は個人ということになりますので、トラブルは起こりやすいです。
使うサイトは大手のものなど実績のあるサービスを利用しましょう。
また、不特定多数にプレゼンが見られるので、自身のアイデアが盗まれしまう可能性があります。
先に対策を練っておくと良いでしょう。
資金調達の時間が読めないところも注意が必要です。
目標金額を決めてもそこまで集まらない可能性もあります。
クラウドファンティングで起業資金を全て調達しようとするのではなく、他の融資や補助金などを合わせて一部の調達方法として利用することをお勧めします。